4月3日、韓 國専門チャンネルのMnetで、2月26日のシンヘソンさんのショーケース最終日の模様が放映されました。私がショーケースに足を運んだのが前日25日、違いも含めて感想を何點か述べたいと思います。

まずはヘソンさんの表情。これは26日のほうが圧倒的に良かったですね。大阪ではあまりにも喉の調子が悪く、終演後は涙を流していたヘソンさんにとって、緊張から解放される喜びと安心感がいっぱいだったのでしょうか。

何と言っても特筆すべきは(作詞した私にとって!)、「GONE TODAY」のバラードバージョンの披露でしょう。ヘソンさんの片腕であるVINKさんの提供曲は今回のアルバムでは一曲のみでした。それだけに、ヘソンさん、VINKさんにとっては思い入れのある曲だと思います。

私はVINKさんの作曲能力は素晴らしいと思っていましたが、あれだけアップテンポの曲をバラードにしても美しいということは、もともとの曲がいかにきれいなメロディーであるかの證明です。そして、最後にしっかり「I LOVE YOU」をファンに向かって言っていたので、心がときめいた方も多かったはずです。

VINKさんについて少し補足すると、アレンジャーとしてもきわめて優秀な方です。「コトバにできない」にも、1分近い美しいイントロがついていますが、これはVINKさんの作曲です。作曲家の木住野佳子さんとは、25日のショーケースを一緒に見ましたが、「VINKさんはキーボードプレイ ヤーとしても素晴らしい」と感心していました。

そして、ヘソンファンの盛り上がりも最終日のほうが熱かった気がします。いよいよ見納めになってしまうショーケースということで、ファンも最後のパワーを振り絞って応援したのでしょう。

こうなると、夏にも予定されている日本でのライブがとても楽しみになってきました。美しいバラードからスタートした昨年の韓國のライブから察すると、ショーケースと同じように「コトバにできない」から始まるのかな、などと私も期待が高まってきています。

 

4月3日專門放送韓國相關的頻道Mnet播出了2/26申彗星的Showcase,我想發表幾點感想,包含我有去的25日Showcase的差別。

首先是彗星的表情,跟26日相比絕對是26日較好。對於在大阪時嗓子狀況不太好,演出後流淚的彗星而言,一定是滿懷著從緊張被解放出來的歡喜和安心吧!

特別值得一提的是(對於作了詞的我而言)"GONE TODAY"的抒情版的發表,可說是彗星的一隻臂膀的VINK在此次專輯只有這一首曲子,我想這是包含了彗星和VINK的心意的曲子。

我覺得VINK的作曲能力非常棒,那麼快節奏的曲子改成抒情歌也那麼的美,可見原本就是一支很優美的曲子。而且最後對飯們明白的說了「I LOVE YOU」,相信有很多人因而心跳不已吧!

補充一點 VINK的事,做為一個編曲者也是非常優秀的。由"GONE TODAY"接到"無法言喻"有將近一分鐘的間奏,這也是VINK作的曲。我和作曲家的木住野佳子小姐一起在25日的Showcase也一起看到了,VINK做為一個鍵盤手也是非常了得,而感佩不已呢!

還有彗星飯的熱情也是最後一天最為熱烈。就快要結束的Showcase,飯們也卯足全力應援了吧!

如此一來,我很期待預定夏天在日本辦的演唱會。像是去年韓國演唱會是從優美的敍事曲開場,而Showcase也是用"無法言喻"開場的,諸如此類的事讓我也滿懷期待起來。


來源:立花裕人Blog http://blogs.yahoo.co.jp/rickye61/13703716.html#13703716
翻譯:熱病81℃
轉載請注明^^

創作者介紹
創作者 熊熊 的頭像
熊熊

像彗星一樣前進...

熊熊 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()